本学大学院生命体工学研究科・田中啓文研究室の博士後期課程3年生の学生であるHadiyawarman君が、ACSIN-14 & ICSPM26合同国際会議※でStudent Awardを受賞しました。両者ともナノ構造制御・観察と新規物性発現の分野でもっとも著名な学会です。今回34ヶ国から703名がの参加者が出席した大きな大会でした。その中で、多数の発表よりHadiyawarman君の発表が優秀と認定されました。
 Hadiyawarman君は、「Neuromorphic behavior of the aggregation of Ag-Ag2S nanoparticles(Ag-Ag2Sナノ粒子集合体のニューロン様振る舞い)」というポスター論文を発表しました。微粒子の単なる配列に知能的振る舞いを持たせる初めての報告であり、人工知能ハードウエアの開発につながるデバイス研究に関する論文です。

※14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14) in conjunction with 26th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM26)


授賞式の様子1

授賞式の様子2

  • 生命体工学研究科パンフレット
  • 生命体工学研究科紹介ムービー
  • 入試説明会
  • オープンキャンパス
  • カーロボAI連携大学院
  • グローバル研究マインド強化教育プログラム
  • 出稽古修業型の分野横断研鑽システム
  • Global AAR Course
  • 教育職員公募情報
  • 北九州学術研究都市
  • LiveCampus
  • キャリアセンター
  • 平成31年度 安全と衛生の手引

ページの先頭へ