九州工業大学大学院は,開学以来の理念である「技術に堪能なる士君子」の養成に基づき,高い専門性と深い学識を持ち,卓越した能力と豊かな創造性を持って,研究・開発に従事できる高度技術者を育成します。
理工学系専門分野において,独創的思考および研究開発活動を行うための高度な知識と実践的解決力の修得を目指し,これらに必要な基礎学力,専門基礎知識を修得しているとともに,国際化に対応できるコミュニケーション力,様々な文化の理解,技術が社会に果たす役割の理解,自立性,協調性を身につけている皆さんの入学を期待します。

  1. 技術者に必要な基礎学力と工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解できる
  2. 人、社会及び文化に関して理解できる
  3. 工学・技術が社会で果たす役割を理解できる
  4. 背景や文脈を理解して適切に説明できる日本語能力、および外国語によるコミュニケーションの基本的能力を修得している
  5. 問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している
  6. 技術者としての倫理観と責任感を備え、社会に貢献する志を有する
  7. 自己を律する自己管理ができ、自発的な活動ができる
  8. 人々と協調でき、個人の能力も発揮できる

生命体工学研究科

技術者及び研究者としての養成目標

本研究科は、生物の持つ、省資源、省エネルギー、環境調和、人間との親和性等の優れた構造や機能を解明し、それを工学的に実現し応用することのできる技術者や研究者の養成を目指しています。
さらに、社会と連携して社会のニーズに応えることにより、現代社会の諸問題を解決し、自然との持続的な調和に貢献でき、グローバル社会で活躍できる人材の養成も目指しています。

求める人材

(1)工学を支える基礎学力を修得しており、(2)専門分野だけでなく融合分野にも興味を持ち、(3)社会のニーズに応え、技術で社会に貢献する使命感に燃え、(4)論理的に物事を捉え、分析でき、(5)グローバルな視点で物事を考えることができる人材を求めます。

推薦選抜試験で受け入れる人材

(1)生体機能や人間知能に関する知識と工学的応用技術を修得して、産業や研究機関のニーズに応えることに強い興味と情熱を持つ優秀な人材を受け入れます。

一般選抜試験で受け入れる人材

(1)技術者に必要な基礎学力を持ち、(2)外国語によるコミュニケーションのための基本的能力を修得している人材を受け入れます。

社会人特別選抜試験で受け入れる人材

(1)社会人で在職のまま修学し、(2)生体機能や人間知能に関する知識と工学的応用技術を修得し、より社会に貢献したいという人材を受け入れます。

外国人留学生特別選抜試験で受け入れる人材

(1)生体機能や人間知能に関する知識と工学的応用技術に対する強い学習意欲とそれを学ぶための基礎学力を持ち、(2)グローバルな視野を持って、国際社会のニーズに応えようとする人材を受け入れます。

生体機能応用工学専攻

技術者及び研究者としての養成目標

生体の持つ省エネルギー性、高効率性、環境調和機能等の優れた機能を工学的に実現し、社会的問題を解決できる技術者や研究者の養成を目指しています。

求める人材

(1)工学系の学問を深く修得する資質を有し、(2)学問の応用や技術の展開を目指し、(3)グローバルエンジニアを志す人材を求めます。

人間知能システム工学専攻

技術者及び研究者としての養成目標

人間知能の原理を知的システムや知能情報処理として工学的に実現し、産業界などへ貢献することを介して社会の諸問題を解決できる技術者や研究者の養成を目指しています。

求める人材

(1)知能情報処理や知的ロボット・デバイス、脳科学・認知科学等に興味を持ち、(2)人間知能の工学的実現を通して社会に貢献する意欲にあふれた人材を求めます。

ページの先頭へ