九州工業大学大学院は,開学以来の理念である「技術に堪能なる士君子」の養成に基づき,高い専門性と深い学識を持ち,卓越した能力と豊かな創造性を持って,研究・開発に従事できる高度技術者を育成します。
 理工学系専門分野において,最先端の知識と研究開発能力,および他分野と接する境界領域の知識の修得を目指し,これらに必要な専門分野の高度な知識を修得しているとともに,プレゼンテーション力,外国語によるコミュニケーション力,社会に果たす役割の理解,自立性,チームワーク力を身につけている皆さんの入学を期待します。

  1. 技術者としての独創的思考および研究開発活動を行うための工学専門分野における高度な知識を修得している
  2. 各専門分野が社会で果たす役割を理解できる
  3. 研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得している
  4. 新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得している
  5. 外国語によるコミュニケーション能力を身に付けている
  6. 自己の役割の認識を深める態度を有している
  7. 未知の専門的課題に対して,その解決に向けた計画立案と作業の管理ができる
  8. チームの一員としてチーム活動の改善を提案することができる

生命体工学研究科 生命体工学専攻

技術者及び研究者としての養成目標

本研究科は,生物の持つ,省資源,省エネルギー,環境調和,人間との親和性等の優れた構造や機能を解明し,それを工学的に実現し応用することのできる技術者や研究者の養成を目指しています。
さらに,社会と連携して社会のニーズに応えることにより,現代社会の諸問題を解決し,自然との持続的な調和に貢献でき,グローバルリーダーとして活躍することができると同時に,研究・技術分野の動向を常に注視し,革新的成果の実現を図ろうとする人材の養成も目指しています。

求める人材

(1)深い専門知識と応用技術修得のための知識を修得しており,(2)関連する境界分野の知識と技術を理解でき,(3)技術の社会的・経済的波及価値を理解し,社会のニーズに応える能力のあり,(4)論理的・独創的思考とマネジメント能力を持った人
(5)グローバルな視点で物事を判断することができる人材を求めます。

一般選抜試験で受け入れる人材

(1)技術者に必要な専門分野における高度な知識を持ち,(2)外国語によるコミュニケーション能力を修得している人材を受け入れます。

社会人特別選抜試験で受け入れる人材

(1)社会人で在職のまま修学し,(2)専門分野のより高度な技術と学識及び関連分野の幅広く系統立った知識と技術を修得し,(3)分野を牽引する資質を持った人材を受け入れます。

外国人留学生特別選抜試験で受け入れる人材

(1)専門分野のより高度な技術と学識及び関連分野の幅広く系統立った知識と技術に対する強い学習意欲とそれを学ぶための専門分野における高度な知識を持ち,(2)グローバルな視野を持って,国際社会を牽引する資質を持った人材を受け入れます。

ページの先頭へ